HOME > よくある質問

よくある質問

よくある質問をQ&A形式でご紹介。

MMSって何ですか。
企業の従業員や健康保険組合の組合員を対象としたメンタルヘルスに関する「評価・研修・相談・復職支援」を包括的に提供するシステムです。詳しくこちらをご覧ください。
MMSを導入するとしたら、費用はどれくらいかかりますか。
MMSは、お客様に合わせてサービスをカスタマイズさせていただくシステムです。そのため、ご希望のサービスや実施人数等に応じて費用は異なります。
詳しくは、こちらにお問い合せください。
納期はどれくらいですか。
ご希望のサービスや企業・団体の規模によって異なりますが、PRAS(メンタルヘルスチェック)を実施するまでに1~2ヶ月程度、さらにPRAS回答から職場解析報告の提出までに1ヶ月程度かかります。
PRASって何ですか。
約80問の設問に回答することで、ストレスの原因と対処能力、ストレスの影響を把握するシステムの名称です。Preventive Risk Assessment System(予防的リスク評価システム)の頭文字をとって「ピーラス」と読みます。
PRASの回答にかかる所要時間はどれくらいですか。
回答時間は約15分です。また個人の状態をより細かく把握できるオプション項目を付加した場合は、約20分が目安となります。
PRASは、どれくらいの周期で実施すればいいのですか。
心の状態は変わりやすく、また変化に気づきにくいため、半年に1回実施していただくと効果的です。ただ最近では年間1回、身体の健康診断と同時期に実施されるお客様が増えております。
PRASは、全国の事業所で働いている者や海外に赴任している者も受けることは可能ですか。
回答方法としては、「紙ベース」のほかに、日本国内はもちろん海外赴任の方にもご利用いただける「webベース」もございます。詳しくこちらをご覧ください。
PRASの回答方法は、webベースと紙ベースを併用できますか。
お客様のご希望に合った方法で対応させていただきます。
PRAS実施後、状態が思わしくなかった者に対してどうように対応してもらえますか。
PRAS結果表が届き次第、すぐにお申し込みが可能な個別相談会(PRAS保健室)の開催や、MMS提携医療機関ご紹介、webメール相談のご紹介等をしながら、対象者の方へご利用をお勧めしております。
PRAS実施後、職場に対してどのような対策がありますか。
所属別・職種別・年代別・性別といった各カテゴリーごとにメンタルヘルスの状況をわかりやすく解析した職場解析報告書をご提出いたします。必要に応じ、職場にお伺いしてコンサルテーションを行うことも可能です。また、管理職や一般職向けにPRASフィードバックセミナーも開催しております。(CD-Rによる配付も可能です)
カウンセリングは全国で利用できますか。
「面接」によるカウンセリングは、全国約180ヵ所の拠点でご利用いただけます。その他にも「電話」「webメール」から相談方法をお選びいただけます。
※海外のお客様は、「webメール」のみ対応可能です。
メンタル疾患による長期休職者が年々増えています。またメンタル疾患の発生に伴う費用負担も増えており困っています。このような負担を減らすことは可能でしょうか。
最新のPRASデータをもとにした研究では、MMSを導入することにより、メンタル系疾患による休職期間の短縮、休職に伴う売上機会損失の低減効果といった成果が確認されております。詳しくは、うつ病等のメンタル系疾患で休職した場合の売上機会損失をご覧ください。
うつ病の部下を抱えていますが、管理職としての、本人への対応方法などをアドバイスしてもらえますか。
MMSでは、医師による管理職の方々向けのセミナーを実施しているほか、各職場での問題の洗い出しから対応までを網羅した専任の臨床心理士によるコンサルテーションも行っております。また、各種カウンセリングをご利用いただくことも可能です。
会員向けのweb学習「eラーニング」はいつでも使えますか。
MMSシステムを導入された企業・団体に所属されている従業員や組合員の方々は、契約期間内であればいつでもご利用いただけます。
個人情報の保護について、どのような取り組みをしていますか。
皆様からご提供いただいた個人情報は、当社の個人情報の取り扱いについてに基づいて、適切に管理しております。(プライバシーマーク取得済み)詳しくは、個人情報の取り扱いについてをご覧ください。